図面の挿入

図面(GIFファイル)の結合   01.02 

 

日本語の特許出願用の図面(GIFファイル)を結合して新しい書類を作成するWordのマクロです。テンプレート形式になっています。

市販のプログラムを使用していましたが、図面番号ののちに図が次のページに離れて挿入されることがあるため、このマクロを作成しました。

図面番号と図とが見かけ上で別のページに離れていてもデータ処理上は問題ないのですが、クライアントに原稿を送付したりするときには見栄えが悪いので、いちいち改行を挿入していました。そうした処理が煩雑なので作成したマクロです。

 

結合できるファイルはGIFファイルのみです。GIFファイルは以下の名称である必要があります。

 

共通名_連番.gif 

 

連番は半角数字で1からにしてください。共通名は何でも構いません。

 

書類の先頭に「【書類名】  図面」+改行を挿入します。

図面を挿入する際に、その前に連番で【図◯】+改行を挿入します。「◯」は連番です。

また、図面を挿入する際に、図面が次のページになってしまい図面番号と離れてしまうときは、【図◯】の直前に改ページを挿入します。

 

使用条件

本プログラムはフリーです。ただし、リバースエンジニアリングは禁止します。

 

動作システム

Microsoft Word 2000以上(好ましくは2007以上)

 

圧縮ファイルの内容

ReadMe IGD0102.txt(このファイル)

IGD0102.dot

 

使い方

ファイルを解凍します。

できたファイルのうち、IGD0102.dotをご自分のホームフォルダのワードのStartupフォルダに移動します。

 

Startupフォルダは、以下にあります。なお、このフォルダを表示するためには「隠しファイルを表示する」をチェックしておく必要があります。

 

 Windows 8.1の場合→C:ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Word\STARTUP 

  (システムがインストールされているのがCドライブの場合)

 

ワードを開き、メニューの「アドイン」を開くと、「図面挿入」のメニューができています。

このメニューを選択してください。

ファイルを読み込むダイアログが開く(開くまで時間がかかる場合があります。)ので、先頭のGIFファイルを選択してください。

以後、連番の名称を持つGIFファイルを順番に読み込み、図面番号を付した新たな文書が作成されます。図面番号と実際の図面とが別々のページになる可能性があるときは、図面番号の直前に改ページが挿入されるので、両者が別のベージになることが防止できます。

ただし、図面の縦サイズが大きすぎると図面番号と図面とが別ページになってしまいます。

また、できたファイルを保存する際に、2003以下の.doc形式で保存すると、改ページの直後に改行が挿入されてしまう(ワードの仕様)ため、図面の長さが上限ぎりぎりだと次ページに送られてしまうことがあります。

 

 

免責事項

本プログラムは現状で提供するものです。このプログラムは自己責任でご使用ください。このプログラムを使用したことにより生じた損害については私は責任は負いません。

バグがあった場合、その内容についてご連絡いただければできるだけ対応します。しかし、完全な解決を約束するわけではありません。

 

以上

 

2016年10月18日

清水 敏(清水敏特許事務所)

 

ダウンロードはここから