特許請求の範囲の抽出

請求の範囲の抽出 01.02 

 

画面に表示されている文書から特許請求の範囲を抽出するだけのシンプルなWordのマクロです。テンプレート形式になっています。

 

画面に表示されている文書のうち、「【書類名】特許請求の範囲」の欄から次の「【書類名】」の前までを抽出して表示します。後ろに「【書類名】がない場合には、文書の末尾までを抽出します。画面に表示されている内容を直接変更するので、表示中の書類の内容は予め保存しておいてください。

 

補正書の作成時など、出願時のの書類から特許請求の範囲のみを抽出する必要があります。その場合、出願時のファイルを開いて、「【書類名】特許請求の範囲」を検索し、そこから特許請求の範囲の末尾までを選択し、他の書類にコピーして、という手順を踏むことになります。ショートカットなどを活用すればそれほどの手間でないのですが、やはりちょっと面倒くさい。そこで、このマクロを作りました。

 

使用条件

本プログラムはフリーです。

 

動作システム

Microsoft Word 2007以上

 

圧縮ファイルの内容

ReadMe ECP0102.txt(このファイル)

ECP0102.dot

 

使い方

ファイルを解凍します。

できたファイルのうち、ECP0102.dotをご自分のホームフォルダのワードのStartupフォルダに移動します。

 

Startupフォルダは、以下にあります。なお、このフォルダを表示するためには「隠しファイルを表示する」をチェックしておく必要があります。

 

 Windows 8.1の場合→C:ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Word\STARTUP 

  (システムがインストールされているのがCドライブの場合)

 

ワードを開き、メニューの「アドイン」を開くと、「特許請求の範囲の抽出」のメニューができています。

目的の文書を予め開いておいて、このメニューを選択してください。

 

 

免責事項

本プログラムは現状で提供するものです。このプログラムは自己責任でご使用ください。このプログラムを使用したことにより生じた損害については私は責任は負いません。

バグがあった場合、その内容についてご連絡いただければできるだけ対応します。しかし、完全な解決を約束するわけではありません。

 

以上

 

2016年11月 6日

清水 敏(清水敏特許事務所)

ダウンロードはこちらから