EPO手数料値上げ(2014/04/01より)

EPOは、2014/04/01から手数料を改定することを発表した。この改定は、定期的に行われているインフレ調整のためのもので、大部分が小幅の値上げとなるが、分割出願に対する料金が追加されたことと、審判請求手数料が50%と大幅に値上げされた点が通常と異なる。

 

さらに、審判請求後、所定期間内に審判請求を取り下げると審判請求手数料の一部が返還される制度について、返還が認められる期間が変更された。

 

 (追記)見出しの「種別」が両方とも「改定後」になっていたのを修正した。

 

種別 改定後 改定前 率(%)
出願料 出願書類35ページまで
120(オンライン出願)
200(紙出願)
超過する頁当たり15ユーロ追加。
出願書類35ページまで
115(オンライン出願)
200(紙出願)
超過1頁当たり14ユーロ追加。
4
分割出願の 追加料金 2世代目 210
3世代目 420
4世代目 630
5世代目以降 840
なし(新設)  
超過クレーム料 235 (15超の1クレームごと)
580 (50超の場合のクレームごと)
225(15超のクレー ムごと)
555(50超の場合のクレー ムごと)
4
調査料 (欧州段階) 1285 1165 10
国際予備審査手数料 1930 1850 4
指定料 580 555 5
出願更新料 出願日から3-9年は465-1,380
10年目以降は1,560に固定
出願日から3-9年は445-1,325
10年目以降は1,495に固定
4
審査料 1,620
1,805(欧州段階に移行したPCT出願で補充欧州調査報告書が未作成の事件)
1,555
1,730(欧州段階に移行したPCT出願で補充欧州調査報告書が未作成の事件)
4
特許査定料 915 875 5
異議申立料 775 745 4
特許減縮 請求料 1155 1105 5
特許取消 請求料 520 500 4
審判請求料 1860 1240 50

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (水曜日, 26 3月 2014 15:36)

    表内の種別が両方とも改定後になっていますので、よろしければ修正を。

  • #2

    shimizupatent (水曜日, 26 3月 2014 16:18)

    ご指摘の箇所を修正しました。ありがとうございました。